嫌いな上司、ムカつく上司を気にしない為の対処法を伝授します

上司




皆さんの職場には「嫌いな上司」や「ムカつく上司」はいませんか?

 

そんなダメ上司に命令されたり指摘されたりすると本当にイライラしますよね。

しかし、残念ながら現実には「上司は選べない」のです。

 

どうもこんにちは(こんばんは)!「上司に心の声を聞かれたら絶対に人間関係崩壊する」PICK UP BLOG管理人のケータです(笑)

 

今回は誰もが一度は悩んだことがあるであろう「自分に合わない上司」について解説してみたいと思います。

そんな「嫌な上司」「ムカつく上司」に対してどうすればストレスを感じずに働くことができるのかなど解決方法をいくつか挙げていきますので、自分が出来そうなことがあればぜひ試してみてくださいね。

上司

上司のどんなところが嫌なのか、ムカつくのか

 

・いちいち部下の行動を細かく管理してくる

・すぐに感情的になり高圧的な態度で部下に接する

・他の同僚がいる前でけなされたり怒鳴られたりする

・部下への指示に一貫性がない

・無能扱いされる

・自分がすべて正しいと思い込んでいる

・能力が低いくせに給料だけは高い

・セクハラやモラハラをしてくる

という感じで、様々な種類のストレスを部下に与えてしまうのが「嫌な上司」「ムカつく上司」といえます。

 

そんなダメ上司が職場にいるだけで、職場環境は最悪になり、長期間そのような環境で仕事していると、ストレスが溜まりすぎて鬱状態に陥ってしまう危険性も出てきてしまいます。

 

それでは、そんなダメ上司と仕事をしていく上で、どうしたらストレスを溜めずに働くことができるのでしょうか?

嫌な上司、ムカつく上司の対処法、改善方法はたった一つ

その方法は

 

上司よりも凄い物や事を手に入れること」です。

 

これがどのようなことなのか例を出して説明していきます。

 

例えば

副業をして上司よりもお金を稼ぐ

 

副業などでもしも上司よりも大きくお金を稼ぐことができたとしたならば、心の中で上司を下に見ることができるようになります。

そうなると、心に余裕が生まれるので、もしも上司に怒鳴られたりストレスの溜まる行動をされてもそこまでムカつかなくなります。

「はいはい、イキってるけどあなたは私よりも収入が少ない小物でしょ」ってな具合に、心の中で馬鹿にできるのです。

少し歪んだ対処方法かもしれませんが、とても効果の高い方法であることは間違いありません。

 

他には「上司よりも明らかに高い車に乗る」「洋服や時計など、とにかく上司よりも良い物を身に着ける」といった方法もおすすめです。

上司よりも人望のある人になる

 

会議や朝礼などでは上司が中心になり話が進められますが、それ以外のすべての業務において他の社員から信頼され、頼られる人になることです。

そうなることで、自分を中心に他の社員が常に周りにいる状況を作れ、上司が嫉妬や疎外感を感じるようになります。

 

この方法で重要なことは「上司を敵にしてはいけない」ということ。

 

もしも疎外感が強くなりすぎると、嫉妬から業務に支障が出るような嫌がらせなどを受けてしまう危険性があるからです。

 

あくまでも上司としてリスペクトする態度を少しだけ見せながら(本当はそれも演技ですが)上司よりも圧倒的な人望で職場の中心人物になるのです。

 

人望を手に入れるためには仕事の結果ももちろん重要ですが、同僚や後輩などのリーダーとしての心使いや頼もしさも必要になります。

 

なかなか現実的には難しい方法かもしれませんが、もしそんな状態を作り出すことができたならば、そのダメ上司は絶対に強く当たってこなくなることでしょう。

 

思い切って反抗してみる

この方法はイチかバチかなのでおすすめはできません(笑)

 

しかし、人間という生き物は一度でも恐怖心を抱いた相手に対しては二度と強く接することができないものです。

反抗するといっても、むやみに反抗するのではなく、上司が明らかに間違っていたり、時間をかけて論破できそうなタイミングを見計らって反抗することです。

 

反抗したら絶対に負けてはいけません。

 

もし中途半端な反抗に終わり、上司に論破されてしまったらそれこそ会社内での自分の立場はおしまいになってしまいます。

 

一度でもぐうの音も出ないほど反抗して論破してしまえば、上司の方から自然と距離をとることでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

管理人ケータのおすすめは「副業をして上司よりもお金を稼ぐ」方法です。

 

この方法ならば、上司よりも収入を上げることで絶対的な精神的余裕が心に生まれるので、どんな理不尽でイライラすることを言われたりやられたりしても「まあ小物の戯言だな」と軽くあしらうことができるからです。

 

もし、嫌な上司やムカつく上司がいる人は、ぜひ副業を頑張って、この方法を試してみてくださいね。

 

あ、副業禁止の会社ではなかなか難しいかもしれませんね・・・。