休日の過ごし方を変えればストレスも減らせてモチベーションも上げられる

休日




みなさんしっかり休みは取れていますか?

 

基本的に日本人は働きすぎだと思うんです。

 

日本の有給休暇の平均取得日はたったの8.5日ですよ・・・。

 

フランスなんて25日もあって、ドイツに至ってはなんと31日ですよ!丸々一ヵ月間休んでるじゃないですか。

 

年間の労働時間で比べてみると

日本 1975時間
フランス 1525時間
ドイツ 1538時間

 

どうですか?日本人は働き過ぎってことがわかりますよね。
フランスやドイツは残業という概念がそもそもないそうですよ・・・。

 

どうもこんにちは(こんばんは)!「いつかドイツ人よりも多く休んでやる」と心に強く誓うPICK UP BLOG管理人のケータです(笑)

 

今回は皆さんが大好きな「休日」について解説していこうかなと思います。

 

休日という至福の時をどう過ごせば「日々の溜まったストレスを解消することができるのか」またどう過ごせば「休み明けのモチベーションを上げることができるのか」という2つの疑問を紐解いていきたいと思います。

休日

あなたの休日は「のんびりインドア派?」それとも「アクティブなアウトドア派?」

インドア派

 

のんびりと基本的には家の中で休日を過ごすという人も多くいるでしょう。

 

休みの日の前日はDVDを観たりゲームをしたり、家飲み(宅飲み?)などをして夜更かし。

休みの日の朝は10時ぐらいまで寝ちゃう人もいるでしょう。

 

ダラダラと午前中を過ごし気が付けばお昼。

適当に昼食を済ませ、午後はひたすら趣味に没頭したり、お昼寝したりして。

 

友達とのLINEや平日に録画しておいた番組をまとめて観たり、そんなのんびりとした自宅での時間がインドア派にはなにより幸せに感じるんですよね。

 

アウトドア派

 

せっかくの休日に家にいるんなんてもったいない!

そんな概念がこのタイプの人にはあるのです。

 

休日の予定は基本的に休日前にほとんど決定していて、休みが終われば「次の休日は何しようかな?」とか考えちゃうんですよね。

 

アウトドア派の男性は友達も多く、異性との触れ合いも必然的に多くなるので、恋人がいる人が多いのも特徴です。

 

だって、約8割の女性がアウトドア派の男性に好感をもつというデータがあるぐらいなので間違いないでしょう。

恋人が欲しいあなた!今すぐにアウトドアに生まれ変わりましょう(笑)

 

アウトドア派の人は旅行や日帰りで遠出なんていうこともよくするのでいつまで経ってもお金が溜まらない・・・なんていう人も多いのではないでしょうか。

基本的には休日の過ごし方を大きく変える必要はない

休日を上手に過ごすことで、溜まったストレスを大幅に解消することもできますし、休みが終わった後のモチベーションも大きく上げることができるのですが、基本的には自分が普段から過ごしている休日を大きく変える必要はないと思います。

 

なぜなら

 

「その休日の過ごし方があなたの自然体だから」です。

 

インドア派の人に「さあ外へ出かけましょう」と無理やり連れだしても逆にストレスが溜まる原因になりますし、アウトドア派の人に「今日は一歩も家の外に出てはいけません」と強制したところで同じようにストレスを溜めてしまうでしょう。

 

基本的に人間は「自然体」でいることが一番リラックスできますもんね。

 

しかし、自然体でいることはリラックスはできますが、もう少し休日の過ごし方を工夫することで劇的にストレスも解消できて次の日以降のモチベーションも上げられるのです。

 

さあ、ではそろそろ本題の「ストレスを解消できてモチベーションも上がる休日の過ごし方」をご紹介しましょうか。

休日

ストレスを解消できてモチベーションも上がる休日の過ごし方

経験したことがないことを休日に必ず1つ以上しよう!」

 

ただそれだけです。

 

たったそれだけで、いつもの休日の過ごし方よりもストレスが軽減され、休み明けのモチベーションも大幅に上がるのです。

 

フランクな言い方を変えると「ドキドキすることを1つだけでも休日にしようよ」ってことです。

 

あっという間に時間が過ぎる原因とは?人生は長いようで短いぞ!」という記事でも感動(ドキドキ)することを暮らしの中で取り入れるメリットを解説しているので是非チェックしてみてください。

人は感動することで脳が刺激され、ストレスが軽減され休み明けのモチベーションも上がるのです。

 

1番おすすめなのはやはり旅行ですね。

 

行った事のない場所、見たことのない景色、やったことのない事。

 

そんな初めての経験をすることで最高のドキドキを感じることができるのです。

 

ただし、旅行はさすがに毎週毎週いけないですよね。

毎週旅行に行ってたらお金がいくらあってもたりませんし(笑)

なので、旅行でなくてもいいんです。

 

自分が初めて経験しるようなことや、初めて見るものなど、脳に刺激を与えられるような体験を休日にすることが重要になるのです。

 

サッカー観戦やアーティストのライブなんかすごく良いと思いますよ。

 

そのような「普段しない行動」を短時間(3時間~4時間程度でOK)だけでも効果を得られるでしょう

。ぜひみなさんも新しい感動(ドキドキ)を休日に体験してみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

いつもの休日に「ドキドキ(刺激)を1つ以上する」ことでストレスの解消やモチベーションを上げる事ができるのです。
全然難しいことではないですよね。

 

要するに

休日の日数が多いとか少ないというよりも、「どのように休日を過ごすか」という方が重要になるわけです。

 

みなさんもぜひ、休日に感動することやドキドキすることを少しだけでもして、脳を刺激してみてください。

休み明けの心がとても軽くなっていることをきっと実感できるはずですよ。