ワンオペ育児の大変さを改善する方法!疲れの限界を迎える前に試してみよう!

奥さんに育児を任せっきりのそこのあなた!

今日から心を入れ替えて育児に協力しなさい!

あなたは、1人で育児をしなければならない事がどれほど大変で辛く、そして孤独かわからないのでしょう。

あ、ご挨拶がまだでしたね。

思わず出だしから熱くなってしまいました(笑)

どうもこんにちは(こんばんは)!PICK UP BLOG管理人のケータです。

今回は近年大きな話題となっている「ワンオペ育児」に関して記事を書いていきたいと思います。

ちなみにわたくしは運よく比較的本業が早く終わるので、積極的に育児に参加しています。
(子供が3人いるので育児の大変さは身に染みてわかっているつもりです)

一口にワンオペ育児と言っても、「シングルマザーのワンオペ育児」と「専業主婦のワンオペ育児」そして「共働き家庭のワンオペ育児」というようにその環境によって大変さも違ってきますよね

今回はそんな「ワンオペ育児」を改善する方法をご紹介したいと思いますので、ぜひ試してみていただきたいと思います。

ワンオペ育児

まずはワンオペ育児の辛さをどんどん挙げていくよ

十分な睡眠や休息が取れず身体の疲れが取れない

赤ちゃんによっては夜中にあまり起きない子もまれにいたりしますが、基本的には乳児~1歳ぐらいまでは2~3時間ごとに起きてしまうことが多いですよね。

そして何より辛いのが「何をしても泣き止まない」ことです。

お乳をあげてもダメ・・・。

抱っこしてもダメ・・・。

ベランダや家の前などに出て外の空気を吸わせてもダメ・・・。

眠いのに寝れないという状況だけでも辛いのに、何をやっても泣き止まない状態が何十分も続いたりすると本当に泣きたくなるほど辛くなります。

そんな生活が何ヶ月も続けばノイローゼ気味になるのは当たり前ですよね。

家事や育児を自分一人ですべてこなさなければならない為、精神的ストレスが溜まる

ワンオペ育児最大の問題はこの「何から何まですべて自分がやらなければならない」という事だと思います。

誰も助けてくれない・・・。

眠くても、体調が悪くても、なにがあっても頼れるのは自分だけ。

ストレスが溜まっていて、他の人に優しくできなくて自己嫌悪を感じるなど、どんどん負のスパイラルに陥ってしまいがちになります。

赤ちゃんや幼児を抱きかかえながら家事をこなす為、腱鞘炎や腰痛を発症してしまう

「たかだか5㎏や10㎏程度で腱鞘炎とか腰痛にはならないでしょ~」なんて思っていませんか?

赤ちゃんや幼児を抱っこしながら何か作業するのは本当にしんどいんですよ!

そんなしんどい状態で作業するのを何日間も、何週間も、何ヶ月間も続けていたら、そりゃ腱鞘炎や腰痛にもなりますよ。

そしてたとえ腱鞘炎や腰痛になったとしても、痛いから育児できませんなんてことは言えないわけです。

自分の親やまわりのママ友と比べて育児がうまく出来ていないという劣等感を感じる

隣の芝生は青く見えるという言葉があるように、ママ友の育児はなぜか上手に見えちゃったりするんですよね。

特に一人目の子供はママとしての経験がないわけですからうまくいかなくて当然なのですが

「なんであたしは育児がうまくできないんだろう」とか

「あたしは育児に向いていないんじゃないか」などと悩んでしまうこともあるでしょう。

そういった悩みも、もしかしたらワンオペ育児による余裕のなさからきているかもしれませんよ。

家事や育児に参加しない夫への怒り

これは一番大きな負の感情と言っても良いのではないでしょうか?

睡眠不足で毎日ギリギリの生活をしているのに

「ちょっと飲みに行ってくるね」

「釣りに行ってくる」

「ゴルフ行ってくる」

とか言って家庭を放棄されると心の底から怒りが湧き出てきますよね。

「ちょっとは手伝ってよ」なんて言っても

「付き合いだから仕方ないだろう」とか「休みの日ぐらい息抜きさせてくれよ」とか言ったりして。

いやいや「あたしは一切息抜きしてませんけど!」とキレたくなっちゃいますよね。

というか、めちゃくちゃ女性目線でキレてますけど、管理人ケータは男性ですからね(笑)

ウチは3人の子供と3匹の犬がいるので、毎日の子育てが戦場のような感じだった(今は一番上の子供が小学校高学年になり、ようやく落ち着いてきましたが)ので、家事や育児の大変さが主婦の皆さんと同じようにわかるのです。

というように、ワンオペ育児の辛さを紹介してきました。

結局すべてを一人でやらなければならないんだから改善することなんてできないでしょ?なんて思わないでください。

ではでは、ワンオペ育児の改善方法をご紹介していきましょう!




ワンオペ育児を改善する方法

ズバリ!

便利な育児グッズや時短が出来たり工程が少なくて済む家電に変えちゃう」っていう方法です。

旦那さんには「手伝えないならせめてお金ぐらい出して」と脅してあげればいいのです(笑)

例えば「洗濯」という家事。

洗濯機で洗った後、ハンガーや物干し竿に洋服や下着を掛けて干しますよね。

洗濯物が乾く夕方になると、ベランダに出て干したものをすべて取りこみすべてたたむわけです。

これを「乾燥機付全自動洗濯機」に変えちゃいましょう!

この洗濯機に変えれば、「洗濯物を干して夕方取りこむ」という作業をしなくて済みます。

例えばお部屋の掃除。

掃除機なんてかけずに、全自動のルンバを買っちゃいましょう!

例えば食器洗い。

そんなものは食洗器を買えば解決です。

最近では様々な時短グッズも低価格で販売しているので、そんなグッズもいくつか買っちゃいましょう。

「買いに行く時間もないよわ」なんていう人は、楽天やAmazonでポチッと買っちゃいましょう。

このような時短グッズや家事を楽にしてくれる家電を使うことで、思った以上に肉体的・精神的に楽になるはずです。

ワンオペ育児を改善する方法っていうから期待したけど

「なんだそんなことか」

なんて思う人もいるかもしれませんね。

しかし、一つ一つは効果は高くなくても、そういった便利グッズや家電をいくつか購入して使うことで確実にワンオペ育児をしているママさんの負担を減らすことができるのです。

この改善方法でのデメリットがあるとすれば

「購入費用がかかるから家計に打撃がある」ことぐらいでしょうか。

お金は大事ですから、便利グッズや家電を購入することで家族の資産が減るのは痛いですよね。

しかし

「ワンオペ育児でママさん自身が壊れてしまうよりはマシですし、疲れ切って笑顔のないママさんを見上げながら子供が育っていくよりもマシ」だと思うのです。

もしも旦那さんに

「そんなお金使うなんて絶対ダメだ!」なんて言われたらこう言い返してしまいましょう。

「だったら家事育児に参加して!」って。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

画期的な改善方法というわけではありませんが、確実にワンオペ育児をするママさんの負担を減らすことができる方法だと思います。

ぜひ、少しずつでもいいので試してみていただけたらと思います。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加