お金持ちって年収いくらなの?日本にお金持ちはどのくらいいるの?

お金持ちって日本に何人ぐらいいるんだろう?

そんな疑問を感じたことはありませんか?

どうもこんにちは(こんばんは)!PICK UP BLOG管理人のケータです。

わたくし、今、この記事を書く数分前にそんな疑問を感じました(笑)

なので今から調べてみます。

そしてもう一つ疑問に思ったことがありました。

お金持ちって一体年収いくら以上の人のことを言うのだろう?

ついでにこの疑問も調べちゃいましょう。

そして、「お金持ち」についてわたくしの個人的な考えもお話しようかなと思います。

お金持ち




ズバリ年収いくら稼げばお金持ちなのさ

お金持ちの定義は諸説ありますが、給与による収入が年間2000万円を超えると会社員であっても「源泉徴収制度」が利用できなくなってしまうため自分で「確定申告」をしなければいけません。

この2000万円という年収を「お金持ち」ということにすると、なかなかしっくりくるのではないでしょうか。

いやいや、年収2000万円じゃお金持ちとは言えないんじゃない?

なんていう人もいるでしょう。

それでは、年収2500万円以上ではどうでしょうか?

年収2500万円以上という金額は、国税庁が調査する「民間給与実態統計調査」というデータにて給与階級の最上層の金額でもあります。

この給与階級の最上層に分類される人は、給与所得者全体のたった0.2%しか存在しません。

2000万円よりもこの2500万円という金額の方が「お金持ち」という定義にピッタリかもしれませんね

それでは違った視点でお金持ちの収入がいくらからなのかを見てみましょう。

新卒の就職サイトや転職サイトを運営している「マイナビ」さんが学生と40代の社会人に「お金持ちっていくらから?」というアンケートを実施していたのでそのアンケート結果を見てみましょう。

参考サイト(マイナビ学生の窓口

大学生のアンケート結果がこちら↓

1位1,000万円
2位800万円
3位1億円以上
4位2,000万円
5位1,500万円

そして40代の社会人のアンケート結果がこちら↓

1位1,000万円
2位2,000万円
3位800万円
4位1,500万円
5位500万円

というアンケート結果でした。

う~ん・・・・

個人的には思ったよりも収入金額が低い結果だなーという印象です。

このアンケートを見ると、昔から「年収1,000万円はお金持ち」というイメージが世間一般にありましたが、現代社会においてもそのイメージは健在なのだなと感じます。

面白いなと思ったのが年収800万円が学生、40代社会人ともに上位になっていること。

1,000万円じゃなく「お金に不自由なく暮らせる程度の年収」である800万円という金額を答える人が多いのはとても現実的だなと感じます。

個人的には年収1,000万円という金額は、「不自由なく暮らせて家やランクの高い車に乗れる」程度だと思うので「お金持ち」という感じはしませんけどね。

わたくしは「お金持ち」はやはり2,500万円以上かなと思いますがどうでしょうか?

2,500万円の収入があったらどんなに裕福な暮らしができるでしょうか・・・。

ただただ羨ましい限りです。

年収2500万円以上のお金持ちって日本に何人いるんだろう?

もう一つの疑問である「日本にいるお金持ちって何人ぐらいなのか?」という問いの答えですが、聞いて驚かないでくださいね。

なんと・・・

12万人もいるんですって!

年収2,500万円以上ですよ?

個人的にはちょー意外な人数だと思いました。

わたくしの周りにそんなお金持ちいないですけど・・・。

12万人ということは、日本の労働人口が約6620万人(2018年3月現在)ですから、551人に1人は年収2,500万円以上という計算になります。

そんなお金持ちがなかなか高い確率で存在するものなのですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「お金持ち」が年収いくら以上という明確なラインは存在しないようです。人によってその定義は様々ということがわかりましたね。

年収2,500万円以上の人が12万人も存在しているという現実を皆さんがどう捉えるかはわかりませんが、個人的にはそんなにたくさんお金持ちがいるというのはとても希望が湧きました。

まあ現実的にわたくしが2,500万円以上のお金持ちになれる可能性は限りなく0に近いのですが・・・

これからもそんなお金持ちさんに少しでも近づけるように頑張っていきたいなと改めて思いました。

皆さんもぜひ、わたくしと同じように「お金持ち」に向かって頑張っていこうではありませんか!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加