お金持ちになる人とお金持ちになれない人の決定的な違い「時は金なり」

お金持ちになりたい!

人間の欲といえば3大欲求の「食欲」「性欲」「睡眠欲」が有名ですが、その他にも「承認欲」「金銭欲」「自己顕示欲」「支配欲」「達成欲」など様々な欲が存在しますが、みなさんはどの「欲求」が一番強いですか?

わたくしは・・・・

せいよ・・・・

じゃなくて食欲です(笑)

どうもこんにちは(こんばんは)!PICK UP BLOG管理人のケータです。

いきなり欲の話から始まってしまって申し訳ないのですが、今回はその数ある欲の中から「金銭欲」についてお話していきたいと思います。

世の中お金があればほとんど手に入るのが現実ですよね。

お金で手に入らないものって考えると、「愛情」や「友情」といった心の部分が多いのかな(というか心以外はほぼ手に入る?)
と思います。

あ、健康(命)もお金で買えませんね。

まあそんな大事な心や命以外はほとんど手に入る。それが「お金」という存在なのです。

そして世の中には少数のお金持ちと大多数のそうでもない人達が存在します。

もちろん、親や祖父の世代から会社を経営していたりたくさんの土地やビルを所有していたりする「生まれながらにしてお金持ち」という人も存在しますが、幼少期から青年期までは一般的な家庭で育ちながらも、自分で会社を立ち上げたり、何かの分野で成功してお金持ちになる人もいるのも現実です。

はたして、そういった「自ら成功を切り開けるお金持ちと、お金持ちになれない一般人とではどのような差があるのか

お金持ちの成功者の考え方や時間の使い方などを例に出しながら解説していきたいと思います。

お金持ち




お金持ちになる人とお金持ちにならない人の違い「時間の使い方が違う」

1日は24時間です。

お前アホか?
そんなことは誰でも知ってるわい!

なんていうツッコみがきそうな当たり前のことを言ってしまいましたが、事実1日は24時間なのです。

そう

どんな偉人でも、一般人でも、犬でも猫でも、時は平等に流れていきます。

「時は平等なのです」

そのことに気づき、「いかに時間を上手に使う」ことに意識を向けられるか。

これがお金持ちになる成功者とお金持ちになれない一般人との大きな違いの一つなのです

時は平等なのだから、他の人と同じような時間の使い方をしていたら成功するわけがないのです。

朝起きて会社に行き、それなりに働き、週に1回か2回は飲みに行ったり同僚と食事に行ったり。

他の日は仕事終わりに趣味や習い事をしたり。

何も予定がない日には早めに帰宅して缶ビールとおつまみを食べながらネットやテレビを観たりして。

そして週末は恋人とのデートや、家族がいれば家族でお出かけという感じ。

最近ではスマホのゲームアプリやYouTubeが流行っているので、電車の待ち時間や家でのんびりしながら楽しむ人も多いでしょう。

そう、これが一般的な人の生活サイクル(時間の使い方)ではないでしょうか?

(まあ入学試験を控えている学生さんや資格の勉強をしている人達などはこのような余裕ある時間の使い方はできないと思いますが)

大まかに24時間を種類ごとに分けてみると

1、睡眠時間 6時間~8時間程度
2、生活に必須な行動時間(入浴や食事など) 2時間~3時間程度
3、仕事や学校の時間 10時間~12時間程度
4、自分のために使う時間 2時間~3時間程度

という感じでしょうか。

成功を掴むことができるお金持ちさんは、この一般的な時間の使い方を工夫することで成功をつかむための時間を捻出し、その時間に努力をしているのです。

成功者(お金持ちになれる人)の具体的な時間の捻出方法

今までやっていたことをやらないことで時間を捻出する

・タバコを吸っていたとしたら、思い切ってタバコをやめてみる(強い意志が必要ではありますが・・・)

・同僚や上司との食事や飲み会などに行く回数を少しずつ減らしていく(いきなり減らすと人間関係に影響が出るかもしれませんのでご注意を)

・ジムに通っているとしたら、家でもできるトレーニングに切り替えてみる(ちょっとしたトレーニング器具と気持ちがあればジムに行かなくても健康的な体を維持できるはず)

・仕事や学校などで無駄な作業や行動がないかを考え、あれば思い切ってやらないもしくは方法を変えて時間を短縮する)

などなど、時間を作るために思い切って「今までやっていたことをやらない」という勇気を持つことが、成功者(お金持ち)になるためにまず必要になることだと思います。

成功者の極端な方法として

「携帯に登録されている友達や知り合いの番号やアドレスなどをすべて削除した」という強者もいたりします。

(このやり方はお金よりも大事な友情や愛情を失ってしまう危険性があるのでお勧めはしませんが、実際に友達や知り合いとの連絡のやり取りや実際に使っている時間は結構多く、そのために自分の時間がなかなか作れないという人がいるのも事実ではないでしょうか)

このように、「今までやっていたことをやらない」ことで自分の時間を捻出するわけですが、成功する人たちはその時間を「およそ毎日決まった時間にする」ことで「ルーティーン化」させているのです。

朝5時に起きて7時までの2時間とか、夜帰宅して食事とお風呂を終えた後の2時間~3時間とか。

そのたった2時間~3時間が、半年、1年、2年と時が経つにつれ「他の人との大きな違い」になっていくのです。

わずかな違いがその後大きな違いを生むことを「ウイニングエッジ」と呼びますが、大きな成功を手に入れる人(お金持ちになれる人)とそうでない人の差は決して大きくはないのです。

1日ほんの1時間~3時間程度のわずかな時間の使い方の違いがこの「お金持ちになる人とお金持ちになれない人の決定的な違い」なのです。

どうです?

意識を変えれば誰にでも成功者(お金持ち)になれる可能性があるのです。

善は急げと言います。

明日からでも、「いつもやっていることをやらない」事で、成功をつかむための時間を手に入れてはいかがでしょうか?




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加