リトグリの横浜アリーナで行われた「Little Glee Monster Arena Tour 2018 – juice」DVDを観た感想




リトグリの成長ぶりがよくわかるツアーDVD「Little Glee Monster Arena Tour 2018 – juice」

リトグリの横浜アリーナで行われた「Little Glee Monster Arena Tour 2018 – juice 」DVDはもちろん観たしライブにも行ったよーというガオラーさん(リトグリのファンの通称)も多いのではないでしょうか。

ドラマの挿入歌で話題となった「Jupiter」や初出場した紅白歌合戦など、一気に全国区の人気グループになったリトグリですが、デビューから4年という年月でかなり個人個人が成長し、メンバーの脱退なども乗り越えてグループ自体も強くなってきたのではないでしょうか。

この横浜アリーナで行われたライブDVD「juice」では、そんな成長した彼女たちの魅力がたくさん観れるので、まだ観ていないという人がいたらぜひ観てみていただきたいと思います。

Little Glee Monster Arena Tour 2018 – juice !!!!! – at YOKOHAMA ARENA ダイジェスト

ライブDVD「juice」の見どころは?

これはなかなか選ぶのが難しいのですが、いくつか見どころを挙げるとしたら

リトグリと1万人のお客さんを含めた会場全体で歌い上げた「Love to the world」

この曲はリトグリがかなり前からYouTubeで「Love to the world」を1万人で歌おう!という企画を発表していたので、実際にライブに行ったガオラーさんたちは事前練習してから参加していたと思うので、とても綺麗な大合唱になっていましたよね。
まさに会場の一体感が高まった歌になっています。

リトグリがしっとりと大人っぽく歌うアコースティックコーナー

個人的には「私らしく生きていたい」のアコースティックバージョンはとても好きな感じでした。
ワンフレーズごとに語尾の部分の力を抜いて優しく歌い上げる感じがとても大人っぽくて癒されます。
この曲のアサヒはすっごく可愛くて色っぽさすら感じてしまいましたww

・もはや神聖な雰囲気すら感じさせる「jupiter」

この曲は個人的にリトグリの楽曲の中で一番好きな曲かもしれません。

ドラマの挿入歌としても話題になったこの「jupiter」ですが、本家の平原綾香さんの歌とは違った良さがありますよね。

リトグリのみんなもこの曲に対しての想いが強いので、大事に大事に歌っているのが伝わってきます。

ただの1曲ではなく、まるで教会で聞いているような、そんな神聖な雰囲気すら感じさせてくれるjupiterはこの先何年もリトグリの代表曲として歌い続けていく。
そんな楽曲になるのではないでしょうか。

見どころをご紹介するとこんなところでしょうか。

全体的に思ったことですが、「リトグリ大人っぽくなったなー」という点。

少し前までは「歌の上手い少女たち」という印象だった彼女たちが、年齢を重ね、いろいろな経験をしてきたことで「お姉さんっぽい」雰囲気になってきたと思うのですが皆さんもそう思いませんか?




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加