「比較」ローヤルゼリーとプラセンタってどちらが女性におすすめなのか

比較




ローヤルゼリー」と「プラセンタ

どちらも女性の美容や健康に優れた効果があると言われていて、カプセルなどを継続して飲んでいる女性も多いのではないでしょうか。

この「ローヤルゼリー」と「プラセンタ」は、効果・効能がとても似ているので、どちらを選べばいいのか悩んでしまいますよね。

この記事では、そんな「ローヤルゼリー」と「プラセンタ」をいろいろな視点で比べてみたいと思います。
比較

ローヤルゼリーとプラセンタの栄養成分の比較

ローヤルゼリーの栄養成分

必須アミノ酸
・リジン・メチオニン・フェニール アラニン・バリン
・ロイシン・スレオニン・イソロイシン・トリプトファン
・ヒスチジン

アミノ酸
・アルギニン・プロリン・γ-アミノ酪酸
・セリン・グルタミン酸・グルタミン・チロシン
・タウリン・β-アラニン・アラニン・シスチン
・オキシプロリン・グリシン・アスパラギン酸・アスパラギン

ビタミン類
・ビタミンB1・ビタミンB12・葉酸・イノシトール
・ビタミンB2・ナイアシン・アセチルコリン・ビタミンB6
・パントテン酸・ビオチン

糖類
・グルコース・フルクトース
・スクロース・オリゴ糖

ミネラル
・リン・カルシウム・銅・マンガン
・鉄・マグネシウム・亜鉛・カリウム

他の物質には含まれない特有成分

・デセン酸(10-ハイドロキシ-δ2-デセン酸)
・ビオプテリン

いかがですか?

女王のしずくと呼ばれるだけあってとても多くの栄養成分が入っていますよね。

ローヤルゼリーは更年期障害や自律神経の乱れ、アンチエイジング、免疫力向上、冷え性、肩こり、うつ、ストレス緩和、糖尿病など女性にとって厄介な症状にとても有効だといわれています。

プラセンタの栄養成分

アミノ酸
・ロイシン・リジン・バリン・スレオニン
・イソロイシン・グリシン・アラニン・アルギニン

たんぱく質
・アルブミン・グロブリンなど

脂質・脂肪酸
・コレステロール・ホスファチジン酸・ラウリン酸・バルミチン酸など

ビタミン
・ビタミンB1・B2・B6・B12・C・D・E・ナイアシンなど

ミネラル
・カルシウム・ナトリウム・カリウム・リン
・マグネシウム・亜鉛・鉄など

酵素
・アルカリホスファターゼ・酸性ホスファターゼ・ヒアルロニターゼ
・アデノシン三リン酸など

糖質
・グルコース・ガラクトース・ショ糖など

こちらもローヤルゼリーに負けず劣らずの豊富な栄養成分ですね。

プラセンタもアンチエイジングやホルモンバランスを整える、更年期障害、生理痛などの緩和、自律神経の乱れ、美容、健康などローヤルゼリーと同じように女性にとっての多くの悩みを改善してくれるといわれています。

「ローヤルゼリーとプラセンタ」どちらが女性にとって良いのか

結論から言えば、どちらもとても多くの栄養成分が含まれていて、似たような症状を改善できるので「両方とも良い」といえます。

金額的な部分も同じような価格帯の商品が多いですし、同じカプセル状なので、決め手はやはり「購入する人の好み」なのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「ローヤルゼリーとプラセンタ」
これほどまでに女性にピッタリで豊富な栄養成分を誇る商品はなかなかありません。

ぜひ両方とも一度試していただき、ご自身に合った商品を継続して摂取する事をおすすめします。

いつまでも健康で美しい女性で。

※ローヤルゼリーに興味がある人はぜひおすすめ記事「女性の美容と健康にはローヤルゼリー!女王のしずくでアンチエイジング!」をご覧ください。