ローヤルゼリーで現代人の不調(不安やうつ、自律神経の乱れ)を整える

「ローヤルゼリー」を毎日摂取している女性と聞くだけで、絶対に実年齢よりも美しくて健康だと思ってしまう。

どうもこんにちは(こんばんは)!PICK UP BLOG管理人のケータです。

今回は美容・健康を気にする女性なら一度は試したことがあるんじゃないかと思われる「ローヤルゼリー」のお話をしようかと思います。

最近、ベッドに入ってもすぐに寝付けない。
寝たと思ってもすぐ目が覚めてしまう。
朝、目が覚めるとなんだか気分がすぐれない。
落ち込んだ気分になってしまう。
走ってもいないのに心臓がどきどきする
風邪をひきやすい
そんな症状に悩まされていませんか?

ローヤルゼリー

こんな症状が起こる原因は、色々考えられます。
女性の場合、大きな要因は二つ考えられます。
過度なストレス
加齢による女性ホルモンの低下

女性ホルモン量の低下はあらゆる不調を引き起こす

女性ホルモン量は、個人差はありますが、24歳から27歳という20代がピークで、その後、徐々に低下していきます。更年期症状(不眠、不安障害、うつ、自律神経の乱れ など)は、典型的な女性ホルモン量の低下によるものです。
ストレスというのは、大人にも子供にも、どんな年代にもあります。
このストレスも体の不調に大きく影響するのですが、女性の場合、ストレスと女性ホルモン量の低下が2重に襲い掛かってくると、自分ではコントロールできない不調を感じてしまうのです。

この辛い不調をどうすればいいの?

この辛い不調、病院に行ってみても、内臓などに異常がないとなると、
「そのまま様子を見ましょう」となるのです。
いや、様子を見るって言われても・・・もう、我慢できないんだけど!とわかってもらえなかったことありますよね。
また、婦人科に受診してもホルモン治療を勧められてやってはみるけど、このホルモン補充治療って、体質に合う人と合わない人がいるんですよ。
通院では解決しない、「不調」をどうすればいいのでしょうか。

解決策はローヤルゼリーにあり

ローヤルゼリーがなぜこのような更年期症状に効果があるのか?
それは、ローヤルゼリーが女王蜂にしか飲めない栄養素だからなのです。
女王蜂は、ただ子孫を残すため卵を産みます。1日当たり2000個という卵を産み続けるのです。女王蜂というのは他の働き蜂とちがって、ふ化したときからずっとローヤルゼリーを与えられ続けていますので、寿命も4~5年と40倍から50倍も長く、生きている間中ずっとずっと生み続けるわけです。甚大な体力を使う卵を産むことを支える栄養素がローヤルゼリーなのです。
このローヤルゼリーは、自然の力で女性ホルモン量低下を抑制してくれます。徐々にホルモンが低下してくるときに摂取することで、女性ホルモンが急激に減少しないように、ローヤルゼリーが底上げしてくれるのです。
更年期症状は、女性だけではありません。男性にも「男性の更年期」があるのです。
この症状にもローヤルゼリーは必要です。
また、効果的なのは「妊活」です。
病院での不妊治療で結果が出なかった夫婦が、このローヤルゼリーを夫婦一緒に摂取したところ、お子さんを授かることができたという報告があります。

飽食の時代なのに栄養失調な現代人

よく職場・学校の健康診断などでも、「栄養失調症」と診断される人が実は多いのです。
え?巷にはこんなに食材があふれていて、肥満症を気にしてダイエットサプリが流行っているのに?!と思うかもしれませんが、肥満症の方はほとんど、というより全員栄養失調なのです。脂肪分、糖分は過剰に摂取しているのに、必要な栄養素が全く足りていないのです。要するに栄養が偏ってしまっているのです。
ローヤルゼリーは、現代人が必要とする40種以上のアミノ酸、葉酸、ミネラル、カルシウムがふくまれています。
このローヤルゼリーを摂取することで、あらゆる不調が緩和していくのです。
更年期の症状も女性ホルモンを支える栄養素の不足です。不妊症の方も葉酸やミネラル不足によるものです。この不足しがちな栄養素を補って、そしてその人の不調を解決してくれるローヤルゼリーは現代人になくてはならない栄養素なのです。