今シーズンのインフルエンザは対策はマヌカハニーがおすすめ!

2016年のインフルエンザ

昨シーズンのインフルエンザは、1月15日に流行し、2月のピーク時には200万人もの感染者数に達しました。5月15日には3500人にまで減り、一旦、流行は収束しました。

しかし、9月になってから気温が低くなる日が増えると共に、一部の地域でインフルエンザが発生しました。

インフルエンザは気温が低くくなると発生しやすくなる特徴がありますので、寒さが早く到来すれば、12月前後にまた流行すると見られています。

今年の11月に流行すると予測されているのが、A型とB型のインフルエンザです。A-H1N1型は2009年に流行した新型のもので、A-H3N2型の香港型は2014年に流行しました。B型は、ビクトリア系か山形系になります。

インフルエンザにかかりやすいのが、幼稚園から小学校の低学年などの免疫力が弱い子供に流行しやすい特徴があります。流行すると学級閉鎖となりますが、今シーズンすでに茨城県や東京都、佐賀県、千葉県などで早くも学級閉鎖が起きています。

インフルエンザの流行状況などを知るには、各都道府県にある医療機関からの報告をこまめにチェックすることです。

ホームページでも随時報告していますから、チェックしてみましょう。

最強のインフルエンザ対策!マヌカハニーで家族を守る!

昨シーズン、インフルエンザが流行した際に、実際に家族全員がこの病を回避できました。たまたまだったのか、マヌカハニーのおかげなのか真相はわかりませんが、子供たちは予防接種もしていなかったので、マヌカハニーの効果があったと勝手に思っていたりしています。
マヌカハニーの摂取方法はいたって簡単。寝る前に小さじスプーン一杯を舐めるだけなんです。マヌカハニーははちみつですから「舐めたら歯磨きしなきゃダメなんじゃないの?」と疑問を持つ方もいるかと思いますが、「マヌカハニー」には優れた殺菌作用があるため、歯磨きは不要なのです。
もちろん2016年の今シーズンもマヌカハニーで乗り切りたいと考えています。免疫力が低い子供がインフルエンザにかからないか心配という親御さんはぜひ試してみてはいかがでしょうか。
「マヌカハニー」について詳しく知りたいという方はこちらの記事をチェックしてみてください↓
「2016年マヌカハニー最新情報! マヌカハニーの効能と選び方」
「マヌカハニー徹底比較! 一番おすすめはどれなのか?」

インフルエンザの意味

インフルエンザ

インフルエンザとは、気管支や肺、のどなどにインフルエンザウイルスが入り込み、感染し、増殖すると起こる病気です。この病気を発症しやすいのが、0歳から9歳の子供に多く、その感染数は半数にもなります。

また、死亡する年齢は65歳以上の人が多く、その数は大部分となります。

このインフルエンザウイルスは、湿度が22から25%で温度が7から8度になった時にウイルスの生存率が63%となり、この状態になった時に多くの人に流行しやすくなります。

インフルエンザウイルスの種類

インフルエンザウイルスには、色々な種類があります。大きく分けますと、A型、B型、C型に分かれます。この中でも、その季節になると人に感染しては流行させるA型のA/H1N1型とA/H3N2型があります。B型ウイルスも季節性に関係し易く、流行しやすい特徴があります。

2007年8月から2008年9月まではA/H1N1型のウイルスが大流行しましたが、翌年の2009年10月からは世界的に大流行したバンデミックが引き起こした新型インフルエンザウイルスがほとんどを占めていました。

インフルエンザの流行時期とはいつ頃か

季節になると大流行するインフルエンザがありますが、この季節性のインフルエンザが流行するのは、例年11月から12月と1月から3月にピークになります。

2009年には、5月から新型インフルエンザウイルスが出ては感染者が出始め、夏以降になると、莫大にその感染者数が増えました。

インフルエンザウイルスの感染ルートとは?

インフルエンザウイルスというものは、一体、どこから感染するのでしょうか?

それは、インフルエンザに感染した人が、患者の咳やクシャミをした時に口から出る唾に含まれるウイルスがしぶきとなって飛び散り、それを吸い込むことで、口、鼻などから感染します。

この感染名を『飛沫感染』と言います。

どうやって感染していくのか?

インフルエンザウイルスが鼻や口から体内に入り込んでは、気道にある粘膜に吸着してしまいます。そして、細胞内に入り込み、その感染ウイルスが喉から気管支、肺で急に増えてしまうのです。

このウイルスは、感染して潜伏期となる1日から3日間に増殖がピークになりますが、それを超えると減少していきます。特に、感染して2日目が最も増殖のピークになりやすい特徴があります。

この急激なウイルスの増殖が、他の感染症に比べると、人に感染しやすい原因でもあるのです。

インフルエンザの症状とは?

インフルエンザの症状は、突然38℃以上の高熱が出ます。また、関節の痛みや頭痛、筋肉の痛みも発症します。食欲もなくなり、全身がだるい倦怠感にも襲われ、全身にこれらの症状が強く出るのが特徴的です。

感染すると、潜伏期間の後にこのインフルエンザが発症し、1日から3日の間に高熱が出たり、全身に倦怠感が出ます。全身症状と呼ばれ、食欲不振にもなります。

この症状が起きた少し後には、呼吸器症状と呼ばれる咳や鼻水、のどの痛みが出てきます。人によっては、消化器症状と呼ばれる吐き気や腰痛などが出ることもあります。

発症してから10日前後でこれらの症状が除々に落ち着き始め、治癒します。

インフルエンザは普通の風邪とは何が違うのか

普通の風邪というものは夏でも冬でもかかりますが、日本でのインフルエンザが発症しやすいのは、例年11月から12月となります。11月から流行し始め、1月から3月にピークになる特徴があります。

大抵の風邪は発症してもインフルエンザのように急激に症状が出ることはなく、発症しても緩やかに症状が出ます。その発熱もゆっくりと出て、鼻水やのどの症状も軽いのが特徴的です。

風邪の主な症状は上気道症状で原因ウイルスはライノウイルス、アデノウイルス、コロナウイルスなどですが、インフルエンザはインフルエンザウイルスが原因ウイルスとなり、急激な症状が見られます。

インフルエンザは全身症状に加え、筋肉痛や頭痛も発症しますし、酷くなれば肺炎や脳炎と合併することがあり、症状が重症化してしまうこともあります。

症状を改善するには何を注意すればいいか

インフルエンザにかかってしまったら、その辛い症状をどのように改善すればいいのか。その有効な改善策は、このウイルスがそれ以上に増えてしまわないようにする『抗インフルエンザウイルス薬』を服用することです。

この薬は発症したらすぐに服用すると、服用しない場わいよりも、発熱して辛くなる期間を1日から2日も短縮することができます。ウイルスの排泄量も減るので、除々に苦しい症状も改善していきます。

薬を服用してから熱が下がったとしても、まだ体内にはウイルスが残っています。ですから、少し熱が下がった、頭痛が和らいだからと言って、薬を服用するのを辞めてはいけません。

症状が緩和したから友達と遊びに出かければ、クシャミなどをした際に多くの人に感染してしまう危険性があります。

症状が緩和しても、処方された薬は全て服用することが大切です。そして、自宅で最低でも2日間は自宅から出ず、安静にすることが大事になります。

怖い合併症について

このインフルエンザの症状が重症化すれば、高齢者なら『二次性細菌性肺炎』に、小児では『インフルエンザ脳症』という合併症にかかりやすくなります。

インフルエンザ脳症は5歳以下までかかりやすく、1歳から2歳にかかりやすい特徴があります。100人から300人の小児が1年間にかかっています。インフルエンザにかかると、発熱が重症化すると、意識やけいれんなどの症状が出やすくなります。嘔吐、言動、異常行動などが現れることもあります。最悪、脳障害が進めば、多臓器不全になることもあり、命を落とすこともあります。

高齢者がインフルエンザウイルスにかかり、重症化すると、二次性細菌性肺炎になります。この原因は、ウイルスに感染することにより、気道粘膜に低下力、全身の抵抗力が低下します。

このインフルエンザに感染してから抵抗力が低下し、細菌性の肺炎を発症したことを『二次性細菌性肺炎』と言います。

この高齢者に多く見られる合併症による死因の多くが『肺炎』です。この細菌感染には、とにかく早めに細菌を殺す抗菌薬を服用することがポイントです。

インフルエンザをどうすれば予防できるか!その対策方法

では、インフルエンザを予防するには、一体、どのような方法があるのでしょうか。

それは、ワクチンを接種する方法です。病院ではインフルエンザワクチンというものを注射器で体内に注入し、予防する方法をとっています。

このワクチン接種により、健康被害を最小限にでき、重症化や死亡も予防できるのです。

毎年、その年にはどういったウイルスの型が流行するのかと予測してからワクチンを製造していますので、実に効果的です。

このワクチンの予防効果は、1年間です。この効果を上げるためには、流行する11月前に接種しておくことがポイントです。

うがいや手洗いで予防する

外出した後は、家に帰ったら必ずうがい、手洗いをしましょう。人のクシャミなどでインフルエンザウイルスが口の中に入ってしまうことがありますから、まずはうがいをして、口の中を洗浄しましょう。

また、手にもウイルスが付着していることがありますから、手洗いをしっかりとしましょう。爪と指の間から手首も綺麗に洗い、できればウイルスを殺菌できるハンドソープなどで1分以上手を丁寧に洗えば、より殺菌効果が高くなります。

インフルエンザが流行する11月からは、高齢者や小児、抵抗力が弱くなっている人は、人ごみが多い場所へ行く時にはマスクをしてから出かけましょう。

コメントを残す