将来の毛の量が不安というあなたに。

男性にとって、年を重ねるほど不安の種になってくる「薄毛」。あの頃のボリュームを取り戻したいと思うのは誰もが思うことです。将来の薄毛を予防するためにも早めに準備が大切です。ここでは薄毛予防の正しい知識をご紹介します。

薄毛は遺伝する?

薄毛が遺伝するということはよく知られている話ですが、実際本当なのでしょうか?パナソニックが出したアンケートデータによると、父親と息子では毛のタイプや形などが似ることは40.3%。つまり母方の遺伝を強く受ける傾向があるとされています。

仮に薄毛の遺伝を引き継ぎやすい家系であったとしても、落ち込むのはまだ早いです。薄毛の遺伝というのは「視力」の遺伝と似たところがあって、つまりは日頃の生活習慣によってよ予防することができるのです。

薄毛の要因は頭皮環境

薄毛は遺伝が関係することがわかりましたが、実際特に大きな要因とされているのが不摂生や頭皮環境の悪化です。頭皮を清潔な状態に保つことで薄毛リスクを減らすことができます。おいしい野菜を育てる畑も同じです。まずは髪の土壌を整えていきましょう。

髪を整えるために何よりも必要なのは、シャンプーを使って清潔な頭皮を保つことです。シャンプーは頻繁にすれば良いというものではなく、頭皮ケアであれば1週間に1回しっかりシャンプーで洗えば十分だとされています。

シャンプーと頭皮環境の関係性

シャンプーにもいろいろありますが、薄毛予防をするのに一番良いのは洗浄力のあるシンプルなシャンプーです。女性向けシャンプーは、髪の艶をよくするために油分が多く含まれているものが多いのでおすすめしません。

男性用の育毛シャンプーは、アブラをすっきり落とすだけではなく、血行をよくする成分が含まれています。なるべくこういったシャンプーを使いましょう。

シャンプーは2~3分

パナソニックの調査で、薄毛の人と薄毛でない人とでは、シャンプー時間に差があることが分かっています。薄毛の人のシャンプー時間は1~2分が31.3%で最も多く、薄毛で無い人は2~3分が29.7%で最も多くなっています。長く時間をかければ良いというわけでもなく、すっきり洗浄できたかどうかが大事なポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。