インフルエンザやノロウィルス、ピロリ菌対策に「マヌカハニー」

冬の季節の強い味方「マヌカハニー」

インフルエンザにノロウィルスなど冬の時期は感染する可能性が非常に高くなりますよね。ただ、誰とも接触せず毎日を暮らすわけにもいかないですよね。ウィルスは目に見えないのでいつ口からなど体内に入ったかもわからないですし、高熱や下痢の症状が出始めたら「時すでに遅し」です。

そんな時期だからこそ「マヌカハニー」を毎日スプーン小さじ1杯をひと舐め習慣を始めてみませんか?

マヌカハニーは最近テレビや雑誌、ネット等で話題になっているはちみつなのですが、非常に優れた殺菌作用があると言われているため普通の風邪やインフルエンザ、ノロウィルスなどの対策に適しているのです。

ピロリ菌対策にも「マヌカハニー」

ピロリ菌は、胃の中にいる細菌で、この最近に感染すると胃炎や胃潰瘍などの症状が現れます。ピロリ菌に感染発症すると、胃炎を発症すると言われていて、その症状としては胸やけやげっぷ等が現れます。胃がんのリスクを低くするためにもピロリ菌対策はしておきたいですよね。

毎朝、もしくは就寝前に小さじスプーン1杯のマヌカハニーを舐めるだけという簡単で強力な対策を日常に取り入れることで、健康な体をキープして楽しく暮らしていけるのではないでしょうか。

虫歯の心配も少ないマヌカハニー

マヌカハニーの糖分は果糖とブドウ糖が大半を占めていますので、砂糖と違い虫歯になりにくいのです。口の中でゆっくり溶かしながら舐めるようにすると、口臭予防にもなります。治るのに数日~1週間ほどかかる口内炎にもその優れた殺菌作用が活躍しますし、ちょっとした喉の痛みにも最適な対策です。





コメントを残す