知っておきたいココナッツオイルの種類

ココナッツオイルは大きく分けて3種類

ココナッツオイルには大きく分けて以下の3種類があります。

  • RBDココナッツオイル
  • バージンココナッツオイル
  • エキストラバージンココナッツオイル

RBDココナッツオイル

RBDココナッツオイルは、化学溶剤を使用して、カビや臭いを取り除いたオイルです。RBDは(Refined Bleached Deodorized)の頭文字を取った略語で、意訳すると「脱臭して漂白して精製された」ものです。字面のイメージのとおり、決して品質の高いオイルではありません。大量生産のために多くの栄養成分を犠牲にしています。

化学溶剤を使用しているので、ココナッツの栄養や香りなど、ココナッツ本来の良い成分が減ってしまい、美容や健康への効果は薄くなってしまいます。ということで、RBDココナッツオイルはあまりオススメできない種類なのです。

バージンココナッツオイル

「バージン」と付いていますが、「純粋」「混合物のない」といった意味で捉えていただければいいと思います。RBDココナッツオイルとは違い、保存料を使わずに、自然の方法で抽出され、化学処理も一切していないものです。ココナッツの素材本来の栄養や風味がたくさん残されているので美容や健康におすすめできる商品です。

エキストラバージンオイル

最高品質」それが「エキストラバージンオイル」です。香りが非常に良く、オイルとして質が非常に高いので、貴重なオイルとして使われています。

注意点としては、日本ではまだ「エキストラバージンオイル」と「バージンオイル」の違いが特に管理されていないため、その違いが証明できないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。