美肌のために睡眠をしっかり取る理由

人生の約3分の1の時間を占めている睡眠

美肌を目指すにはまず睡眠から。1日5時間~8時間睡眠をとっている人が多いと思いますが、この「睡眠」を上手にとれば憧れの美肌に一歩前進できるはずです。

綺麗な人は食事だけでなく睡眠にも気をつけているのです。

体の各細胞は、睡眠している時間に新陳代謝を活発に行っているので、しっかりとした睡眠がとれていないと肌の修復や再生がうまくいかなくなり、結果肌荒れや老化が進みやすくなってしまうのです。「寝る子は育つ」と言いますが、これは肌の成長にとっても同じです。

睡眠不足になると自律神経が乱れ、ホルモンバランスが崩れます。そうすると肌の代謝や免疫力が低下し肌トラブルも起こりやすくなってしまうのです。

入浴後4時間が肌のゴールデンタイム

一昔前は午後22時~AM2時までの4時間が肌のゴールデンタイムと言われていましたが、現在では入眠後4時間がゴールデンタイムと呼ばれるようになっています。この4時間は成長ホルモンが分泌されやすいので、この時間にいかに深く良い睡眠(熟睡)できるかがポイントになるのです。

ストレスをしっかり解消し、ゆっくりとお風呂に浸かり、身体に合った枕やベットなどでしっかりと理想の睡眠をとるように心がけていきましょう。

ぐっすり眠るために飲むと良い物

眠れないときは「ホットミルク」を飲むと良いといわれます。牛乳に含まれている成分であるトリプトファンが体内に吸収されて、睡眠ホルモンに変わるから、というのが論拠ですが、実際には「ホットミルクは安眠効果がある」という思い込みの力(プラセボ効果)が大きいようです。

ベッドに入ってもなかなか眠れないと不安になってしまいますが、人間の身体というのは横になって目を閉じているだけでもかなり休まりますので、寝よう寝ようと焦る必要はまったくありません。

美肌と安眠の一石二鳥効果を狙うのであれば、ハーブティーなんかもおすすめできます。ハーブティーと聞くと朝のイメージがありますが、カモミールやレモンバームなど安眠作用のあるハーブティーもあり、これらは身体にも良いです

カフェイン入りのものを飲んでしまっては逆効果ですが、安眠に良い飲み物というのはじつはたくさんあるので、ぜひ色々と試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。