ココナッツオイルの歴史

紀元前から愛されてきたココナッツオイル

インドネシアでは、古くは紀元前から東南アジアの人たちを中心にに愛用されてきました。マッサージオイルに使われたり、髪を整える整髪剤としても使われていました。更には食用のオイルとして寵愛されてきた背景があります。現在もインドネシアでは日常の食用オイルとして愛され続けています。

ココナッツは肉やミルクと同じく、高い栄養価を長い年月、世界中の人々に提供してきました。多くの島々ではココナッツは食用として使用され、食料の大半を占めていました。世界の人口のほぼ3分の1 は食と経済をココナッツにある程度依存していると言われています。ココナッツ文化圏の中では、ココナッツは敬意を払う存在なのです。

ココナッツは栄養価が高く、繊維質、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれます。また、豊富な栄養分以上に多くの健康上の利益をもたらすため、”機能性食品”に分類されてい ます。

中でもココナッツオイルは、他の食用油をはるかに超えた癒しの機能を持っており、広くアジア・太平洋地域の人々は特別な関心を払い伝統的な薬として使用してきました。

彼らにとってココヤシの木は食糧としても医薬品としても非常に高く評価されているため彼らはココヤシの木を、 “生命の木 “と呼んでいます。ようやく最近になって 現代医学はココナッツの素晴らしいヒーリングパワー、癒しの力の秘密の扉の鍵を開けたところです。

全てのココナッツオイルがVCO(ヴァージンココナッツオイル)と呼ばれているのではない

「常温自然分離法」という天然の酵素の力を利用して抽出されたインドネシア産のココナッツオイルだけがVCO(ヴァージンココナッツオイル)と呼ぶことを許されているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。